味覚障害になった時の治し方!本当に亜鉛で治るの?

f:id:kappaNs:20181229004205p:plain

 

こんにちは、かっぱナースです。

 

今回は味覚障害について、

体験談を交えて紹介していきたいと思います。

 

亜鉛が治療法で有名ですが、

果たして効果はあるのでしょうか。

 

 

 

  

味覚障害とは

 

通常通りの味を感じなくなってしまう病気です。

甘味・塩味・酸味・苦味といった味が感じない、違う味に感じるといった場合は味覚障害と診断されます。

 

原因

 

様々なことが原因としてありますが、

  • 食事や薬剤の影響による味覚障害
  • 口腔の疾患による味覚障害
  • 心因性による味覚障害
  • 身体疾患による味覚障害

が主に考えられています。

 

一番最初に疑われるのは食事による味覚障害でしょう。

 

今回は食事に焦点を当てて味覚障害を紹介していきます。

 

 

味覚障害になったら何科を受診?

 

近くにある耳鼻咽喉科を受診してください。

不安であれば事前に電話で相談しても良いでしょう。

 

検査

 

味覚障害の診断をするためにいくつかの検査があります。

  • 電気味覚検査
  • 濾紙ディスク検査
  • 安静時唾液量測定、ガムテスト
  • 血液検査

以上の検査があります。

 

 

実際に亜鉛を飲んでみた

 

1週間様子を見ていましたが、

治る気配がないので亜鉛を飲んでみました。

 

亜鉛を飲み始めて1週間は味のしない日々でした。

 

ですが1週間経ったある日!

ちょうどクリスマスだったのでケーキを食べましたが。

 

なんと甘い味がしたんです!!

 

味覚の復活は本当に感動的でした。

味覚がなくなってからの2週間は本当に辛かったです。

 

実際に飲んだ亜鉛がコチラ👇

飲み会とか地獄でした…。
味のないものをお金出して食べてるんですから。

 

 

僕が味覚障害になった原因

 

振り返ってみて2つ考えた原因があるので紹介していきます。

 

食事性の味覚障害

 

味覚障害になる前の1週間を振り返ってみました。

外食4日と旅行3日…。

 

野菜なんて全く食べてないし、

飲み会も多かったです。

特に吉野家によく行っていた気がします。

 

吉野家が悪いってことじゃないですよ!

 

ファーストフードに含まれる食品添加物は亜鉛を尿中へ排出することを促すようです。

ファーストフードが原因と言っても過言ではなさそうです。

 

亜鉛を取っていても、

吸収できるような腸内環境を保つことも重要でしょう。

 

牡蠣・牛肉・うなぎ・ごま・海藻・大豆・卵黄・アーモンドは亜鉛を多く含む食材ですので覚えておくと良いと思います。

 

看護師業務で食事指導とかしてるんですけどね…(笑)
患者さんごめんなさい。

 

舌ブラシで味覚障害になる

 

舌って結構汚れますよね。

口臭の原因になったりします。

 

僕は歯ブラシで舌を磨いていましたが、

よくよく調べてみるとこれも味覚障害の原因になりそうです。

 

舌を固いブラシで磨いてしまうと、

味を感じる細胞まで傷つけてしまい

最終的には味覚障害の原因となってしまうようです。

 

それでも舌ブラシをしたい方には

専用のブラシが売っています。

 

僕もこの事実を知って購入しました。